HMOとかの中の人。のセカンドアルバムに藤田咲、浅川悠参加のコントを収録

『増殖気味 X≒MULTIPLIES』(仮題)通常盤ジャケ写
『増殖気味 X≒MULTIPLIES』(仮題)通常盤ジャケ写   ジャケットイラスト:くぅ。(PAw Laboratory.)

HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.)のセカンドアルバム『増殖気味 X≒MULTIPLIES』(仮題)に藤田咲、浅川悠参加のコントが収録される。2012年12月19日発売。初回限定盤には赤いチャイナ服を着た“ねんどろいどぷち”が同梱されることも発表された。

今回の彼らのセカンド・アルバムは、YMOが1980年にアルファレコードより発売したアルバム『増殖』を元に制作される。『NICE AGE』や『TIGHTEN UP』、『THE END OF ASIA』などの名曲らとともに、コント“HMO ON THE AIR”が、本作品のために新しく書き下ろされ、5本が収録される予定だ。

『増殖気味 X≒MULTIPLIES』(仮題)初回限定盤ジャケ写
『増殖気味 X≒MULTIPLIES』(仮題)初回限定盤ジャケ写 ジャケットイラスト:くぅ。(PAw Laboratory.)
ねんどろいどぷち HMOミク増殖気味版
ねんどろいどぷち HMOミク増殖気味版

このコントには初音ミクのキャラクターボイスを担当する、声優の藤田咲、そして巡音ルカのキャラクターボイスを担当する浅川悠が参加し、“初音ミクが新人車掌”、“初音ミクがペットの猫”といった設定で、絶妙な掛け合いによるコントを繰り広げる。

このコントの脚本を手がけるのは、星雲賞を7回も受賞しているSF作家である野尻抱介氏。

野尻抱介氏は今回のコントを制作するにあたり、
「なにしろスネークマンショーといえば「神」なので、この仕事のオファーを受けたときは、断ることしか考えなかった。
彼らのコントは天才の業であり、こつこつ組み立てるタイプの私には、どうしたって太刀打ちできない。
いったんは引き受けてからも、あれこれ理由をつけては降りたいと訴えた。
そんな負け犬モードの私を駆動したのは、ひとえに初音ミクへの尽きせぬ萌え心、そして「かわいいは正義」の信念であった。
かつてYMOは日本文化の顔だった。21世紀のいま、世界がイメージする日本とは、kawaii物件満載の不沈空母である。
「ミクがかわいければいいじゃないか」
『増殖』という題だから、無数のミクが社会のあらゆる場所に浸透して、日々かわいく活動しているさまを描こう。
それしかできないし、それでいいよね……そう思いながらじたばたしていたら、脚本ができあがった。」と語っている。

 

HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.)アー写
HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.)アー写

PAw Laboratory.
http://hmo.client.jp/

【初回生産限定盤】
価格     :4,200円(税込)
品番     :UMA-9009-9011
形態     :CD+DVD
仕様     :CD+DVDの2枚組特殊仕様デジパック(通常盤と共通)
“増殖気味”CD専用フレーム(紙製)
封入特典   :“ねんどろいどぷち HMOミク増殖気味版”(初回生産限定盤)
レーベル   :U/M/A/A  http://www.umaa.net/

【通常盤】
価格     :3,000円(税込)
品番     :UMA-1009-1010
形態     :CD+DVD
仕様     :CD+DVDの2枚組特殊仕様デジパック
レーベル   :U/M/A/A  http://www.umaa.net/

※VOCALOIDならびにボーカロイドはヤマハ株式会社の登録商標です。
※初音ミク、巡音ルカはクリプトン・フューチャー・メディアの登録商標です。
(C)Crypton Future Media, Inc. www.piapro.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です