TVアニメ『這いよれ!ニャル子さんW』アフレコレポート

 

這いよれ!ニャル子さんW
這いよれ!ニャル子さんW

「うー!にゃー!」のオープニング・テーマが印象的なニャル子さんの第2シーズン「這いよれ!ニャル子さんW(ダブル)」がいよいよ4月から放送開始。第1話のアフレコレポートをお届けします。

 

<放送日時>2013年4月7日(日)深夜1:05~テレビ東京ほかにて放送スタート
・テレビ東京
4月7日スタート 毎週(日)深夜1:05~
・AT-X
4月7日スタート 毎週(日)深夜1:10~
毎週(月)夜8:30~
毎週(水)朝8:30~
毎週(金)深夜2:30~
毎週(日)昼12:30~

 

<キャスト>
ニャル子 : 阿澄佳奈
八坂真尋 : 喜多村英梨
クー子 : 松来未祐
ハス太 : 釘宮理恵
シャンタッ君 : 新井里美
ルーヒー・ジストーン : 國府田マリ子
八坂頼子 : 久川綾
余市健彦 : 羽多野渉
暮井珠緒 : 大坪由佳

 


キャストインタビュー

這いよれ!ニャル子さんW
這いよれ!ニャル子さんW

前列左より 松来未祐、阿澄佳奈、喜多村英梨、大坪由佳
後列左より 渋谷梓希、久保田未夢、山北早紀、佐藤あずさ、松本忍、久川綾、羽多野渉、新井里美

 

Q.今回、久しぶりにニャル子さんのアフレコでしたが1回目を終えてみての感想を教えてください。

ニャル子さん役の阿澄佳奈さん(以下阿澄):なんだか嬉しくなってしまいました。実を言うとゲームの収録があったりなどしてましが、あれは1人でたんたんと収録する作業なので今回みんな集まってアフレコが出来る事は本当に「あ、私テンション上がっているな」と思いました(笑)

八坂真尋役の喜多村英梨さん(以下喜多村):ニャル子さんのゲームの収録があることにより、いい感じでアフレコに臨んだと思います。台本を見て第1話からよりパワーアップしつつ色々な安定のパロネタが満載な分、ニャル子さんを筆頭にキャラクターのセリフも無印時代よりハイテンションになっているのではないかと、活気あふれているそんなアフレコでした。

クー子役の松来未祐さん(以下松来):W(ダブル)は1話目からネタ的にものすごく前のめりというか、すごくて、パワーアップというのはこういうことをいうのだなって(笑)みんなで楽しくアフレコしました。2話以降も楽しみです。

暮井珠緒役の大坪由佳さん(以下大坪):私もゲーム収録をしていてみなんさんと一緒にアフレコができるのが楽しみで仕方なかったです。アフレコを通してニャル子さんに声が付いて、みなさんの声を聞いて、自分も一緒に演技をして皆さんのもとへ早く届けたいという気持ちがいっそう強くなりました。アフレコが始まって嬉しかったです。

Q.ご自分が演じているキャラクターで2期はどのあたりを見てほしいですか?

阿澄:変わらずハイテンション元気いっぱいなニャル子と、2期はおそらく真尋さんLOVEな展開がニャル子だけの天下ではなくなるのか?みたいななんだかみんな真尋さんのことを大好きな中、ニャル子はどう奮闘していくのか私も楽しみだったりします。

喜多村:あすみんが言ったみたいにW(ダブル)はヒロイン王道レジェンドが始まるのではないでしょうか(笑)。前作だとニャル子との距離感が縮まってから少し真尋が対ニャルラトホテプな人達に対しての砕けた感じというか、その距離が少しラフな状態になっているのではないかというのが見てとれるような会話でしたね。なので、そこから誰を攻略ルートに(笑)分岐していくのかというのも一つの楽しみになるんじゃないかという予感がある、そんな第1話でした。

松来:前回までのアニメに比べてクー子は1話目からちょっと変態成分が増加気味だったのがどうも2話以降もこの方向で突き進むみたいなのでちょっと覚悟して行きたいなと思います(笑)

大坪:まだ1話の時点では珠緒ちゃんはニャル子ちゃんにガンバレガンバレと変わらずエールを送っているのですが、2期になってもしかして珠緒ちゃんも攻めて行くのかな?と、淡い期待をいだいております。

Q.パワーアップしているところはどこですか?

阿澄:1話Aパートはニャル子もみんなに負けじと真尋さんに攻め攻めでガンガン行くのですが、なんか生々しい表現が多かった(笑)。Aパートに凝縮したのかってぐらい狙いが分かりやすい方向性でした。中の人的に嬉しい場面がありちょっとしたサプライズみたいな、中の人にご興味がある方、ハッと思うようなシーンがあるのでそこら辺もぜひご注目ください。

喜多村:無印の時よりもニャル子に対してのエッジの効いたツッコミみたいなところがより深く描写されていたように思います。無印のときはちょっと割愛気味な感じでニャル子一刀両断みたいなシーンが多かったのですが、フォークを武器に無駄にイケメンな真尋さんが第1話から見られそうだなぁと。より個々のキャラクターの掘り下げていて、絵でも楽しめるしシナリオでも楽しめるそんなパワーアップなところがあると思いました。

松来:クー子的には初回からずっと発情していたりとか、1話でこれだけだったらこの先どうなるんだろうってハラハラしちゃうぐらいだったり、ニャル子さんやみんなもそうなのですが、そんなふうにキャラクター一人一人の個性がより濃くなっていて、ハス太君も可愛さがすごいことになっていたりして、もしW(ダブル)から見てくださる方がいても楽しめるし、1期から応援してくださっている方が見てもこれはすごいなと思ってもらえる第1話が収録できたんじゃないかと思います。

大坪:アイキャッチも今後パワーアップしていくんじゃないかと。1期のときアイキャッチは声優さんのアドリブだったりした部分があったので、その部分に注目してもらいたいのと、第2期では変わったところでいうとストーリに合わせてエンディング・テーマが変わっていくのでそういうところが大きな違いかなと思います。

Q.2期から初めて見る人向けに作品の魅力を教えてください。

阿澄:2期の1話を見ていただければたぶん伝わるんじゃないかなというぐらい作品の内容をしっかり説明してくれた1話になりました。作品の世界観や大元になるラブクラフト原作のお話にもしっかり触れていたりキャラクターがびっくりするぐらい丁寧に視聴者向けに説明をしてくれているので、そのあたり1期から見てくれている方にも「あ、そうだったんだ」というところがあるかもしれないぐらいに、ニャルラトホテプとは何ぞやというところから知ることができる作りになっています。キャラクターについてもみんなが、しっかり特徴を出してくる1話になっています。

Q.各々のキャラクターにこうして欲しいということを教えてください。

阿澄:真尋さんについてはやっぱり信じているのですが、ニャル子さん一筋なのかは真尋さんは認めないでしょうけど。他のキャラクター達に目移りはしないはずですけれども(笑)。真尋さんにはニャル子さんをずっと見ていてほしいなぁと、あわよくばちょっとだけデレてくれればいいなと変わらず願っております。

喜多村:真尋の中の人視点に近くなってしまいますが、ニャル子さんに対してはそのままでいてほしいなと、真尋さんを引っ張っていくそんな女の子だと思うので、真尋さんも突っ込んでげんなりしていますけど、いなくなると寂しいというのが1期の最終話で真尋さんの内面が見えたところなので、その延長でいうと変わらないアホさでいてほしいなというのが一つあります。クー子に関しては基本的にはニャル子と三角関係な立ち位置なのですが、個人的にはゲームの収録をしてゲームのシステム上、分岐して、クー子とのやりとりが if アナザーな展開を楽しめていたので、もうちょっとクー子との会話が増えていくのも期待だなぁと思っています。クー子の独特のテンションに真尋のいつもの冷静さを崩されるのが真尋のデレをみなさんに提供できるチャンスなのかなと。中の人的に絡んで行きたいなと(笑)

松来:絡んでください(笑)

喜多村:ガヤで名前を叫んでます(笑)(ガヤなのに中の人の名前を呼ぶという)無印時代から私の中のレジェンドなんです(笑)。珠緒ちゃんの場合は私の1女子的にエールを送るのであれば「もっと行動に移すんだ!」って。今回どうなるか分からないけど。いい人止まりにならないように、邪神と比べるとピュアな娘なので。

松来:クー子的には真尋さんにはずっとご飯を作っててほしい(笑)アニメに出てくるご飯がすごく美味しそうなんで。

大坪:珠緒ちゃん的にはすごく難しいところなのですが、真尋さんにはニャル子ちゃんとくっついてほしいなという部分があります。やっぱり珠緒ちゃんもニャル子ちゃんだから応援するよっていう部分がとても強くあると思うので、いきなり違うキャラになびいたりとかしたら「はっ」ってなると思うので、自分が行かなくてもニャル子ちゃんに行くのが幸せっていう健気な気持ちでという感じです。

 

 

【TVアニメ『這いよれ!ニャル子さんW』】

■原作:逢空万太(あいそらまんた)(GA文庫/ソフトバンク クリエイティブ刊)※「ソフトバンク」と「クリエイティブ」の間に半角アキ
■キャラクター原案:狐印(こいん)
■監督:長澤剛
■シリーズ構成:木村暢
■キャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲
■音楽:MONACA
■音楽制作:DIVEⅡentertainment

 

「這いよれ!ニャル子さんW」
アニメオフィシャルサイト  http://nyaruko.com/
番組公式ホームページ http://ani.tv/nyaruko_w/
公式Twitterアカウント @HaiyoreNyaruko

(c)逢空万太・ソフトバンク クリエイティブ/名状しがたい製作委員会のようなものW

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です