ブラッド・ピット主演 映画「ワールド・ウォーZ」ジャパン・プレミア

ワールド・ウォーZ

その時守るのは世界か、家族か?
8月10日(土)公開の映画「ワールド・ウォーZ」ジャパン・プレミアが29日、六本木で行われに主演のブラッド・ピットが登場した。パートナーであるアンジェリーナ・ジョリーもいっしょ。「Z型」に作ったレッドカーペットを歩いてファンサービスを行った。

ワールド・ウォーZ左から、アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット、篠原涼子

 篠原涼子「スクリーンで見ている人が目の前にいて感動しています!」

ブラッド・ピット「今夜、みんな来てくれて本当にありがとう。私達は日本が好きで、映画をぜひ観に来てください!」

アンジェリーナ・ジョリー「私も子供も日本が大好きで、今日は水族館に行ってました。楽しかったです!」

ワールド・ウォーZマーク・フォースター監督

ワールド・ウォーZ

デデ・ガードナー(製作)

ワールド・ウォーZ篠原涼子(日本語吹替版・主人公の妻カリン役)

ワールド・ウォーZ左から、鈴木梨央(日本語吹替版・主人公の長女レイチェル役)
佐藤芽(日本語吹替版・主人公の次女コニー役)

ワールド・ウォーZ

 

ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ

【ストー リー】

来たる《Zデー》に備えよ。その時守るのは家族か、世界か。

元・ 国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)は妻と2人の娘と共に渋滞にはまっていた。空 にはヘリコプターが飛びかい、バイクに乗った警官は猛スピードで走り抜ける。な かなか動かない車列にジェリーはこれがいつもの交通渋滞ではないことに気付く。次 の瞬間、背後からもの凄い勢いで暴走するトレーラーが迫ってくる。必死で家族を守り、そ の場から逃げ出したジェリーだったが、すでに世界中が大混乱に陥っていた。ニュー スでは、爆発的に拡大する“謎のウイルス”が日に日に感染者を増加し続け、も はや世界中の政府や軍隊の組織は崩壊していることを告げる。そんな中、かつて国連職員として世界各国の調査を行ったジェリーに“謎のウイルス”を食い止めるべ く白羽の矢が立った。怯える家族の側にいたいという思いと、世界を救わなければならないという使命の狭間で、ジェリーは究極の選択を迫られる。感染の速度は加速する一方で、人類に残された時間はわずかしか残されていない―――。

 

『ワールド・ウォー Z』

監 督:マーク・フォースター『007/慰めの報酬』
出 演:ブラッド・ピット『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、ミレイユ・イーノス
製 作:ブラッド・ピット
製 作総指揮:デビッド・エリソン『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコ ル』、
ダ ナ・ゴールドバーグ『アイ・アム・レジェンド』
脚 本:マシュー・マイケル・カーナハン『大いなる陰謀』
原 作:マックス・ブルックス「ワールド・ウォー・ゼット」(文藝春秋刊)
配 給:東宝東和

(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

オフィシャルHP: http://www.worldwarz.jp/
オフィシャルFacebook: http://www.facebook.com/World.War.Z.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です