チャウ・シンチー監督来日、新作「西遊記 はじまりのはじまり」を発表、「日本のラーメン食べたい」

 

チャウ・シンチー監督

6年ぶりの来日となったチャウ・シンチー監督は最新作映画「西遊記 はじまりのはじまり」の発表会見を行った。同作品は中国公開15日間で148億円の突破。2013年の中国興行成績1位を記録。また世界中国語興行成績ランキング1位となっている。

中国の古典の「西遊記」をベースに三蔵法師が孫悟空等のお供に出会うまでの話をチャウ・シンチー監督らしいド派手なアクションとコミカルな演出で撮影。チリチリパーマの三蔵法師?!500年閉じ込められた孫悟空がおっさん?!など登場キャラクターもユニーク。制作・脚本・監督はチャウ・シンチー。出演:スー・チー、ホアン・ポー、ウェン・ジャン、ショウ・ルオ。2014年11月公開。西遊記 はじまりのはじまり

「西遊記 はじまりのはじまり」は新レーベル GOLDEN ASIA の第一弾タイトルとなっている。GOLDEN ASIA は”日活”と”東映東和”がタッグを組み、アジア各国で実績があるタイトルのみをピックアップして日本の映画ファンに届けるレーベルとして誕生した。

チャウ・シンチー監督
チャウ・シンチー監督はスニーカーに中国風の左右非対称のシャツというラフなスタイルで登場。

以下チャウ・シンチー監督への質疑応答

「日本のみなさん、こんにちは。しばらく日本に来ていませんでしたがまた日本に来れてうれしく思っています」

– 日本は6年ぶりということですが、久しぶりの日本はいかがですか?
「昨日、日本についたばっかりなのでまったく外には出てないのですが、まず日本のおいしいラーメンを食べたいと思っています。この映画を日本の方々にも気に入ってもらえればと思っています」

– GOLDEN ASIAの第一弾として西遊記が選ばれましたがどのようなお気持ちですか?
「なかなかみなさんお目が高いですね。この映画を選ばなくて何を選びましょうか」

– 西遊記を題材に選んだのはなぜですか?
「西遊記は僕自身がものすごく好きで以前からぜひ撮ってみたいと思っていました」

– 脚本はどのぐらいの期間で作りましたか?
「1995年に最初の西遊記を撮ったのですが、その後にどのようにすればよりよくなるか考えましてというのは西遊記というのはいろいろな要素が含まれてまして。脚本に関しては10年ぐらいかかっています」

– Gメン’75の曲がかかるシーンがインパクトがありましたが、選曲のエピソードを教えてください。
「日本の方々から同じ質問をいっぱい受けてますが、まず僕自身がGメンの大ファンであることが原因です。悪を倒しに行く三蔵一行にGメンの曲がとても合っていると思いました」

– 西遊記が元で日本ではドラゴンボールという作品が出来たのですが、この映画でドラゴンボールの影響は受けてますか?
「すごく大きな影響があります」

– 今回は出演はなしで監督のみでしたが、その理由を教えてください
「自分にあった役柄がなかったってことです(笑)。よさそうな役柄があっても出番があまりなかったので、自分では気に入らなかったのです。僕は主人公しかやりませんから(笑)脇役にはまったく興味がありません」

– 主人公の三蔵役にウェン・ジャンさんを起用した決め手はなんですか?
「役者のキャスティングを選ぶときは自分の直感で選ぶことが多いのですが、彼の場合はルックスが役にあっていたことと、彼自身が仏教をとても勉強しているということがありました」

– 中国に映画市場が飛躍的に伸びている中、以前の香港と今と比べて、撮影現場の環境であったり、出資元で変化はありますか?
「以前と較べて今はとてもいい時代だと思います。中国で映画産業が発展を遂げてまして、一つの大きな市場が出来たということで今一番いいときだと思います」

– タイトルに「はじまりのはじまり」とありますが、続編を作る予定はありますか?
「西遊記というのは一つのシリーズものだと思っています。続編というのは僕としてもすでに考えています」

– スー・チーさんをヒロインに選んだ理由を教えてください。
「まずスー・チーさんは女優としてとても素晴らしいということ。そして映画の中の役柄がとてもぴったりだったということです。彼女はすごくセクシーで、強い。また愛情のために自分を犠牲にできるという、そういった理由で選びました」

– 今後、日本のスタッフや日本の役者と一緒に映画を撮ることは考えていますか?
「それはもちろん興味があります。今までもそういったチャンスがないかずっと考えています。僕自身は黒澤明監督の大ファンです」

左から佐藤社長(日活社長)、チャウ・シンチー監督、 松岡社長(東宝東和社長)
左から佐藤社長(日活社長)、チャウ・シンチー監督、 松岡社長(東宝東和社長)

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』公式サイト
http://saiyu-movie.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です