シリーズ完結作『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』初日舞台挨拶


 士郎正宗(原作)、黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁(シリーズ構成・脚本)ら、豪華スタッフが創り出す、攻殻機動隊結成までを描いた『攻殻機動隊ARISE』。全世界待望のシリーズ完結話『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』が全国劇場で好評上映中。

 本作の劇場上映を記念して、9月6日(土)に、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶を開催。当日は坂本真綾さん(草薙素子役)、茅野愛衣さん(エマ役)、小野賢章さん(ブリンダジュニア役)ら豪華キャスト陣をはじめ、黄瀬和哉さん(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁さん(シリーズ構成・脚本)、工藤進さん(『border:4』監督)ら制作スタッフが登壇し、完成した作品について、それぞれの想いを語りました。

 これまでのシリーズを振り返って黄瀬監督は「ARISEシリーズ4本の完結ということで、こんなにたくさんの方に観てもらえるとは思っていなく、本当に嬉しいです。」と感想をコメント。そして、border:1はサスペンス、border:2はアクション、border:3はラブストーリー、そして今回のborder:4は旧作へのオマージュであるという今回の完結作に自信をのぞかせ、シリーズ構成・脚本を担当した冲方さんも、「今回はARISEと旧シリーズの橋渡しをやろうという気持ちでした。“攻殻と言えばこのシーンだ”というものや、“お客さんの記憶に残っている象徴的なシーン”を全部洗い出し、どのように作品に入れていくかを考えました。完成度が足りない攻殻機動隊のメンバーや、人間の素子に引き戻して成長過程を描くことで旧来のシリーズにも繋がるように集中しました。」と振り返りました。そして、今回、シリーズ完結話を手掛けることになった工藤進監督が「border:4が無事に公開して肩の力が抜けました。今回border:4の監督に選ばれた時、ARISEシリーズはスゴい評判を聞いていたので、それに負けないように頑張ろうという気持ちでした。“どれにも負けないくらいの作品だったよ”とお客さんに感じてもらえたら嬉しいです。」と話すと、満席の会場からは大きな拍手が沸き起こりました。
 そして今回、ARISEシリーズ初参加となった茅野愛衣さん、小野賢章さんは、ともに「今回こうして長く続いているシリーズに関わらせて頂くことを本当に嬉しく思っています。(茅野)」「僕も攻殻機動隊に参加させて頂くことが出来てとても光栄に思っています。(小野)」と、どちらも本作への参加に感動を隠せない様子でした。
 ARISEシリーズを通して、草薙素子を演じた坂本真綾さんは、「ロジコマの動き、バトーと素子が背中合わせで会話するシーンや光学迷彩、そしてビルから飛び降りるシーンなど…キター!と萌えるシーンが満載で、旧作につながるborder:4でした。素子は完璧な女性というイメージがあり、自分がどんな風に素子を演じるのかイメージするのが難しかったのですが、まだ不完全なころの素子を描くということに納得しましたし、私も以前の素子を見てみたいと思い、とても演じ甲斐のある役となりました。生まれたときから美しいものというよりも、いかにしてこのものが究極になったのか、美しくなったのか、を知った時の方が愛情が増すと思うのですが、私もこのシリーズを通して素子に対して強い愛情が増しました。素子が完全に1人だったころからborder:1は始まり、その後チームになり、その居心地の良さを感じてborder:4で終わったのかなと感じています。ARISEシリーズを見守ってくださって本当にありがとうございます。border:4まで振り返ってみればあっというまで駆け抜けた気がします。攻殻機動隊のチームがすごく良い雰囲気で始まっていく姿を観ることができて私も嬉しいです。是非何度でもborder:4を観て楽しんでください。」

また、この日、『border:4』の本編最後で驚きのニュースが公開されました。『攻殻機動隊』新劇場版の製作が決定し、2015年に新作となる長編劇場版の公開が決定。

公式ウェブサイト
http://www.kokaku-a.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です