士郎正宗(原作)、黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁(シリーズ構成・脚本)ら、豪華スタッフが創り出す、攻殻機動隊結成までを描いた『攻殻機動隊ARISE』。全世界待望のシリーズ完結話『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』が全国劇場で好評上映中。

 本作の劇場上映を記念して、9月6日(土)に、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶を開催。当日は坂本真綾さん(草薙素子役)、茅野愛衣さん(エマ役)、小野賢章さん(ブリンダジュニア役)ら豪華キャスト陣をはじめ、黄瀬和哉さん(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁さん(シリーズ構成・脚本)、工藤進さん(『border:4』監督)ら制作スタッフが登壇し、完成した作品について、それぞれの想いを語りました。 Continue reading